悩みの むくみをストレッチで解消!

健康・美容

悩みの むくみをストレッチで解消!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

むくみのメカニズム

浮腫(memo1)は体液の循環に異常が起きると生じます。その原因は大きく4つあります。

1心機能障害
2肝機能障害
3腎機能障害
4リンパ管閉塞
これらの原因は密接に関連しています。

まず、正常の状態を考えてみましょう。

体内の毛細血管においては、動脈側では35mmHgの血圧があり、静脈側では15mmHgの血圧があります。そして、血漿タンパク質による膠質(こうしつ)浸透圧が通常の状態で25mmHgあります。

膠質浸透圧というのは、血漿中のタンパク質によって生じる浸透圧のことです。タンパク質には水をひきつける力があり、毛細血管のような半透膜を隔てて濃い液と薄い液があると、水は濃い液のほうにひき寄せられ、同じ濃度になるように働きます。

通常、動脈側では35mmHgの血圧に相当する水が、毛細血管の外に移動しようとしていますが、膠質浸透圧25mmHgが水をひき寄せるため、血管から組織(memo2)に浸出する水は35−25=10mmHgになります。

一方、静脈側では15mmHgしか血圧がかかっていないので、水を外に移動させる力(15mmHg)よりひき寄せる力(膠質浸透圧=25mmHg)が大きくなり、その差10mmHg分の水が組織から血管内へ浸入します。その結果、動脈側と静脈側で差し引きゼロになり、浮腫は生じません。

ここで、さきほど挙げた4つの浮腫の原因との関係をみてみましょう。

1心機能障害によって心臓の右心系(静脈側)が機能低下を起こすと、静脈血が肺に送り出されにくくなり、静脈側にうっ滞を生じ、毛細血管の静脈側の血圧が高くなります。組織に浸出した水分の回収量が減少し、組織に水分が滞留します。
2肝機能障害によってタンパク質(アルブミン)の合成能が低下すると、血液の膠質浸透圧が低下し、組織に水分が滞留します。
3腎機能障害によって水分の排泄量が低下すると、体血液循環量が増し、毛細血管の動脈側の血圧が高くなり、組織に余計な水分が浸出してしまいます。
4リンパ管は組織の水分を回収して静脈に運ぶ働きがあり、正常な状態では、ちょっとした水分の滞留はすべてリンパ管の働きで解消されています。これが閉塞すると、末梢の組織から水分が回収できなくなり、滞留を起こします。

出典 http://www.kango-roo.com

デトックストレッチ 足のむくみ はりをとる リンパの流れを改善

辛いむくみ

ストレッチで解消できたらいいですね。

さっそく実践です!

寝る前5分!翌朝「むくみ知らずの美脚」になる足上げストレッチ

寝る前5分の新習慣

これで、翌朝の足が楽になるかもしれません。

朝からむくんでいるときもありますからね…

痛いっ!!!けど効果バツグンのむくみ解消美脚ストレッチ!(シェイクヨガ泉栄子先生)

痛いと、なんだか効いているような気がするのは…

私だけでしょうか(笑)

むくみを解消して、快適な健康ライフを送りましょう!

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録